ロボット制御: RMX

EtherCAT対応 産業用ロボットコントローラ

 

 

RMX GUI 画面

comp

ロボットコントローラRMXソフトウェアの特徴

  • 1台のPCで複数台のロボット制御(同期/非同期)が可能。ロボットと付加軸を合わせて最大64軸まで(制御周期1msの場合)。
  • EtherCATに対応。PCにソフトウェアRMXをインストールするだけで独自ロボットのリアルタイムコントロールが可能(1ms周期)。
  • 産業用ロボットのさまざまな機構のキネマティクスと逆キネマティクスに対応済み。垂直多関節タイプでは閉リンク機構や各軸リンクオフセットなど変則的な機構にも対応可能。
  • 柔軟でシンプルなロボット言語(RBC)によって高度な動作も自由に記述可能。I/Oやカメラなどの周辺装置とのやりとりも容易。
  • 特異点を気にすることなくスムーズで安全な手動運転を実現 (スカラタイプ)。
  • Windows用GUIをカスタマイズしたり外部アプリと連携させることも可能 (API有り)。
  • 最大8軸の付加軸をロボットに同期して制御可能。トラッキングなど複雑な作業を実現。
  • ソフトウェアコントローラならではの低価格、設置領域も最小に。

PCの要件

  • OS: Windows7 32bit
  • CPU: Intel®Atom E3845相当以上(複数台ロボットの場合はクアッドコア以上を推奨)
  • RAM: 2GB以上
  • ディスク容量: 200MB以上の空き容量 (10GB以上推奨)
  • NIC: I210推奨 対応リストはこちら

用途

  • 溶接
  • 搬送
  • マウンター
  • パッケージング
  • ピック&プレース
  • パレタイジング
  • 資材ハンドリング
  • 半導体製造装置

標準対応ロボット

  • 垂直多関節ロボット(7軸まで。閉リンクやリンクオフセットにも対応)
  • スカラロボット(SCARA)
  • デルタロボット
  • ベース移動タイプ
6軸垂直多関節ロボット
垂直多関節ロボット
スカラロボット
スカラロボット
デルタロボット
デルタロボット
ベース移動6軸ロボット
ベース移動6軸ロボット
特殊な機構のロボットへの対応
双腕ロボットや協働型ロボットなどの新規開発や研究においてEtherCAT対応のロボットコントローラをご検討でしたらご相談下さい。
お問い合わせは 電話 042-512-5377 (直通) またはこちらから

GUI

RMX GUI 画面

Windows上で操作する画面です。以下に機能を抜粋します。

APIによって独自のGUIを構築したりWindows上の別アプリケーションとの連携をしたりすることも可能です。

パラメータ設定

  •   機構設定:機構タイプ、リンク長、リンクオフセット、付加軸など
  •   モータ設定:エンコーダ分解能、ギア比など
  •   動作:先端速度、各軸速度、インポジション幅、加減速プロファイル選択など
  •   リミット:ハードリミット、ソフトリミット
  •   ホーム:ホーミング速度、ホームデバイスなど
  •   セーフティ:非常停止時動作、インターロックデバイスなど

ステータス表示
先端位置、姿勢、速度、各軸の位置、速度、モータ移動量

運転操作(手動運転/自動運転)
原点復帰、ジョグ、インチング、ポジショニング、ティーチングプレイ バック、ロボット言語実行、I/O制御及びモニター

ティーチング
ロボット先端を移動させたい点データのファイルを作成

ログ取得
動作中に1ms周期で各軸および先端位置座標のログ取得 (10秒間まで)

ロボット言語RBC

RBCはソフトサーボの独自のロボット言語です。簡単なプログラムで、ロボットの動作を自由に操作することが可能です。

RBC オリジナルロボット言語

ロボット動画

RMXを用いて実際にロボットをコントロールしている動画の紹介です。

6軸垂直多関節ロボット

デルタロボット

スカラロボット+付加軸

RMXではひとつのコントローラでロボット+最大8軸の付加軸が同期制御できます。

スカラロボットで漢字を書くデモ

スカラロボット2台+XYステージの同期制御

お問い合わせ、資料請求

RMXのカタログはこちらからダウンロードできます。
PDFRMXカタログ

仕様などの詳細な資料のご請求や導入にあたってのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせは 電話 042-512-5377 (直通) またはこちらから

TO TOP