技術概要 2018-04-18T11:07:07+00:00

モーションコントローラの最先端ソフトモーション

モーションコントローラの中でも最先端といわれている「ソフトモーション」とは、専用NCボードやプロセッサを用いずにパソコンのホストCPUのみでWindowsのような汎用OSの下でリアルタイムモーション演算を実行し、各種サーボドライブやI/Oインターフェースを介して様々な製造装置やロボットなど多軸モーション制御を実現する技術のことです。

パソコン向けCPUの性能は常に向上し続けており、毎年の様に新製品が発売されています。そんなCPUの性能を余すことなく利用するソフトサーボシステムズのソフトウェアベース・モーションコントローラは、高精度のガントリー制御や多様な加減速プロファイルなどの高度な機能を有しながら、ユーザが独自のコントローラを自由にデザインできるAPIも用意する高性能と使いやすさを両立したソリューションです。