EtherCAT

サーボプラットフォーム

EtherCATとは

EtherCAT Technology GroupEtherCATインターフェイスシステムは、Ethernet(イーサネット)をベースにしたオープン規格の高速ネットワークです。突出した能力を持ちながらも低コストでシンプルな取り扱いが可能な、機械制御のための理想的なネットワークソリューションです。

IoTやインダストリー4.0への需要の高まりに伴いオープンで汎用性の高いプラットフォームが求められる中で、EtherCATは最適なソリューションとして世界中で採用されています。

EtherCAT採用例

EtherCATを採用する企業は年々増加しており、世界規模で製品を製造する企業も採用を決定しています。

トヨタ自動車がEtherCATを採用 (2016/4/26)
韓国Samsung社のEtherCAT採用事例(英語)(2005/11/22)

ソフトサーボシステムズのEtherCATマスタ

ソフトサーボシステムズ社は、2008年よりEtherCATのスタックを自社で実装しています。
技術的に優れたEtherCATマスタであるのはもちろんの事ながら、蓄積された経験に基づき、EtherCATの採用により費用対効果や開発効率を上げ、製造現場を変えていくために開発を続けています。

  • 製造装置、ロボット制御との抜群の親和性
  • EtherCAT導入期間を短縮する独自ツール
  • 最大64軸を0.5msで制御できる高性能
  • .NET対応のモーションライブラリー(API)によるEtherCATアプリ開発環境

EtherCATマスタについてのお問い合わせは下記より承っております。
お問い合わせ

TO TOP