RTEX

インターフェイス システム

高速ネットワークRealtime ExpressとEtherCAT同時通信
市販パソコンで高速かつ高信頼性な64軸制御を実現

概要

Realtime Express™(RTEX)は、低価格のEtherCATを使用して、パナソニック株式会社製のPanasonic MINAS A5N, A6N等のサーボドライバを制御するネットワークです。ソフトサーボシステムズのRTEXプラットフォームは、最小限のハードウェア構成で動作するだけでなく、I/O接続にEtherCATを利用可能なハイブリットシステムとなっており、サーボはRTEX、I/OはEtherCATという柔軟な機器構成を実現します。RTEXプラットフォームは、PCIボードとEthernetケーブルという簡単な接続ながら、高速かつ高分解能の制御を可能とします。

RTEXは、従来のパルスインターフェイスでは得られなかった、高分解能と高速モーションコマンドを備えています。また、コマンドの送信時間が短いためサーボの性能を最大限に活用することができます。モーションコマンドが同時にすべての軸に反映されるため、PTPモーションだけでなく、連続パスモーションにも適しています。

RTEXは、従来のインターフェイスに比べ配線が大幅に省かれたにもかかわらず、モーションコマンドのほかに、パラメータの設定やデータの監視などの情報も交換することができます。ケーブルはシールド加工されたEthernetのツイストペアケーブルが利用できるため、配線コストを抑えることが可能です。 また、耐ノイズ性(IEC61000-4-4対応)がさらに高まり、優れたサーボ性能を発揮します。

ソフトサーボシステムズ社では、RTEX専用のSSP-100ボードをモーションコントローラとセットで提供しています。当社のPCI expressボードは、お使いのPCに簡単に取り付け、最大64軸までのサーボをネットワークに接続できます。また、当社独自のソフトモーション技術によりRTEXとEtherCATのハイブリッドシステムを実現。PCのLANポートを使用するEtherCAT接続により、I/Oやステッパドライバなどの接続を実現しています。

RTEXの機能および仕様

  • 0.25 ms~0.5 msの通信周期で最高64台のサーボドライバー制御
  • 高速通信:リング型トポロジー(IEEE 802.3u)を使用した、100Mbps (100BASE-TX)の全二重Ethernet通信サーボネットワーク
  • 補間制御可能な超精密同期
  • 低価格の市販Ethernet LANサーボケーブル (シールド加工されたツイストペアケーブル、TIA/EIA-568B CAT5e互換、その他)
  • IEC61000-4-4準拠値よりさらに 2.5 kV 以上の耐ノイズ性
  • サーボドライブをデイジーチェーンで接続することにより、サーボネットワーク全体で最長200m (内部ノードでは最大ケーブル長60m)まで拡張し、PC、装置、および周辺機器を離れた場所に設置することが可能。
  • 全デジタルネットワークによりデジタルからアナログへの変換が不要。そのため、システムの設置と保守が簡易化され、設置にかかる費用を最小限に抑えられる。
  • 省配線(シールド加工されたツイストペアEthernetケーブル)およびインターフェイスカード(PCI-e) 1枚のみ

PDFWMX2-RTEX Hybrid Soft Motion Controller データシート(日本語/1MB)
PDFWMX2-RTEX Hybrid Soft Motion Controller Data sheet(English/1MB)
PDFWMX2-RTEX Hybrid Soft Motion Controller 传单(中国語 簡体字/1MB)
PDFWMX2-RTEX Hybrid Soft Motion Controller 傳單(中国語 繫体字/1MB)

TO TOP