ソフトモーションとは?

 

ソフトモーションとは、パソコンのマルチコアCPUの分散型超高速演算能力を最大限に活かし、NCボードや専用コントローラの代わりに市販のWindowsパソコンにインストールしたソフトウェアのみによって様々な製造装置はロボットなど高速多軸同期モーション制御を実現するテクノロジーです。

 

Windowsパソコンでハードリアルタイム実現

 

Windowsのリアルタイム拡張技術である「RTX」を採用することで、Windowsパソコンでもハードリアルタイム性を確保できます。パソコンのマルチコアCPUのコアの一部をソフトモーションの動作に割り振ることで、Windows側の動作状況に影響されることなく高速で安定したリアルタイム制御が可能です。

RTXは、航空産業や医療機器など高い信頼性が求められる分野でも、世界中の多くの装置メーカが採用しています。

グローバル市場トップメーカが「RTX」を採用

航空宇宙・防衛関連会社(トップ10社中9社)、産業用PLC会社(トップ2社中1社)、医療機器メーカ(トップ10社中7社)、自動車メーカ(トップ15社中5社)、テスト・設計機メーカ(トップ5社中1社)、産業用制御器メーカ(トップ2社)、デジタルミキシング装置メーカ(トップ3社)、半導体製造装置メーカ(トップ10社中3社)、工作機械メーカ(トップ20社)ほか

 

 

お気軽にお問い合わせください。042-512-5377受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

資料請求・お問合せ