WMX2:多軸汎用ソフトモーションコントローラ | IoT時代の新トレンドリーダ。ソフトサーボシステムズ
汎用多軸:WMX22018-06-29T18:14:26+00:00
  • EtherCAT対応。最大64軸を0.5ms周期で同時制御可能なハイパフォーマンス

  • C言語(C/C++)、.NET(C#, VB)対応の500種類以上のモーション・通信API

  • 市販のWindows PCとLANケーブルだけでサーボドライバ、I/O接続

  • 世界各地の半導体製造工場で量産ラインに採用されている信頼性

 

WMX2の特徴

  • 専用ボード、ハードウェア、専用ケーブルは不要

  • Windows標準インストーラからソフトウェア、リアルタイムOS等全てインストールが可能

  • 独自EtherCATマスタにより、64軸を同時制御をPCのLANポート接続で実現

  • 500種類以上のAPIで、独自モーションコントローラ開発をサポート

  • APIライブラリは最大256スレッドに対応

  • EtherCATマスタ、リアルタイムOS(RTX)が標準で付属。

  • EtherCATのネットワーク構成や装置セットアップをサポートする強力なツールが標準付属

評価版ご請求
お問い合わせ

用途

  • 半導体製造装置

  • 搬送ロボット

  • 検査装置

  • チップマウンタ

  • キネマティックアート

  • ボンディングマシン

  • 資料ハンドリングマシン

  • 穴あけ、レーザーカッティング

 

WMX2-仕様

同時制御軸数 最大64軸 同時・同期制御
I/O 点数 入出力それぞれ約6KB
モーション機能 ジョグ、原点復帰、位置決め、リストモーション(連続位置決め)、APIバッファ、イベント駆動、電子カム、

連続軌跡(直線・円弧/スプライン)、位置同期出力、周速一定制御

補間機能 直線(最大64軸), 円弧(2次元、3次元)、ヘリカル
加減速プロファイル 台形, S字, ジャーク(加加速度指定/ジャーク比指定)、時間指定、正弦波形加速度、放物線形加速度 以上を加速、減速別々に設定

その他:2段階速度プロファイル、PVT指定プロファイル

原点復帰機能 19種類、ガントリ軸対応、カスタム原点復帰
オーバーライド機能 位置決め途中で目標値、速度、加減速度、プロファイルを変更
同期機能 単純同期、ガントリ向け同期ズレ補正機能(完全同期制御)
指令モード 位置、速度、トルク
補正機能 ピッチエラー補正(1次元/2次元)、バックラッシュ補正、真直度補正
EtherCAT マスタ 機能:CoE、FoE、DC同期、ライン/スター/リングトポロジー、ホットコネクト

最小通信サイクル:0.125ms  ※PCスペック、軸数による

スレッド数 256個のスレッド及びプロセスから同時呼び出し可能
APIライブラリ対応言語 C/C++言語(ネイティブ)

.NET対応言語(C#、VB等) 対応 .NET Framework:2.0~3.5

開発環境 Visual Studio 2008、2010、2012、2013、2015

C++ Builder XE7

動作環境 OS:Windows 7、Windows 10

.NET Framework:4.5.1以降

CPU:最低ATOM 2GHz 程度(E3845等) コア数2以上 メモリ:4GB以上推奨

 

EtherCATネットワーク構成ツール

Network Configurator 2

EtherCATネットワークの構成に必要な機能を一つにまとめたトータルサポートツール

  • 直感的で使いやすいGUI
  • EtherCATのプロセスデータや各スレーブのオブジェクトの確認
  • 選択式のスレーブオブジェクトマッピング定義ファイル(init file)作成機能
  • ネットワーク定義ファイルの作成、編集と読み込みが可能
  • EtherCATの通信エラーカウンタチェック機能によるネットワークエラー解析機能

 

WMX2デモンストレーション動画

資料と評価版のご請求

評価版ご請求
お問い合わせ

汎用モーションコントロールライブラリ「WMX2」の導入ご検討にあたり、90日間無料でご利用頂ける評価版をご用意しております。
評価版のご請求はWMX評価版ご請求フォームよりお願い致します。